<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

なぜサプライヤーを評価するのか?

ビジネス社会においては、
いくつかの”キラーワード”なるものがあると思いますが、
「サプライヤー評価」という言葉もかなり
殺傷力があるのではないかと思います。
近いビジネス用語には「人事評価」というのがあります。

評価という言葉には、価値を判断するという意味がありますが、
価値判断というものは、必ずしも客観性がなく、
むしろ、非常に属人的な基準である事が、
実は「サプライヤー評価」を難しくしているのではないでしょうか。

例えば、実績に重きをおくバイヤーは、
取引額の大きなサプライヤーを評価しますが、
客観的な判断基準でサプライヤーを選ぼうとするバイヤーは、
実績の大きいサプライヤーは、「なにかうさんくさいのでは?」
などとあらぬ嫌疑をかける事もあるのではないでしょうか。

supportx-buye * サプライヤー評価 * 01:47 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

サプライヤー評価:基本情報(その2)

 サプライヤー評価を進めるために、まずは基本的な情報整理が必要であると前回は書きました。前回上げた基本情報の中には、会社の連絡先、例えば住所、電話番号、担当者などはあえて含めませんでした。

 それほど大きな会社でなくても、経営上の戦略から子会社化・分社化を進めている会社はたくさんあります。もし今取引のある会社が子会社であれば、当然親会社の経営方針に大きな影響を受けるはずです。
 
 となると、親会社、子会社を含めたグループ全体も評価範囲に入るのか、それとも取引している法人単位で評価を進めるのか、ここは議論が分かれるかもしれません。
 
 この部分を明確にする前準備として、住所など連絡先の情報は本社情報とする事を前提にするべきだと考えます。例として、札幌にある企業であれば、
 。腺贈嘆饉匯ニ攣拇
 ∋ニ擅腺贈嘆饉
という2パターンが考えられます。,亘楴劼別途あります。△亘/由覆覆里如∨楴劼六ニ擇砲覆襪呂困任后

 連絡先ひとつにしても、評価の方針と非常に大きく関係してくるのですね。


supportx-buye * サプライヤー評価 * 12:12 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

サプライヤー評価について考えたい

久しく更新しておりませんでした。
申し訳ありません。

ここ数ヶ月ずっと考えていたのですが、
サプライヤーの評価についてと、バイヤーのスキルについてが、
実は一番大きなテーマだなあ、と気付きました。

それからブログというのは
かならずしも考え抜かれた事を書くべきメディアでもない
むしろ自分の無知を汗にまぶしてひけらかす
例えて言えば、酒盛りのスナップショットなるものなのでしょうか

今一度気合を入れて頑張りたいと思います。

不定期更新となりますが、できる限り間をつめて書きたいと思います。
クイック&ラフという感じです。

supportx-buye * サプライヤー評価 * 01:11 * comments(2) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ