<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< バイヤーからの要求仕様による価格-要求仕様とは? | main | バイヤーからの要求仕様による価格-仕様の出し方が価格を決める!? >>

バイヤーからの要求仕様による価格-仕様を出すのは難しい?

皆様、お元気ですか?

今日は夕方買い物に出かけましたが、風のなんと冷たいこと!東京は20度以上ある模様ですが、北の首都にはまだ寒風が吹いております。

さて、バイヤーにとっての要求仕様について考えてみます。
昔、国際調達のセミナーがあって、某大手総合電機メーカーの資材部長の方が、国際調達の初期の苦労話としてこんな事をおっしゃっていました。
「ある時、某国にて、機器の内部配線に使用する電線を発注しました。仕様書には「単位:1巻」と書きました。日本の常識でいえば、一巻は500mくらいです。ところが、納品されてびっくりしました。なんと、高圧線の工事なんかに使うような大きな木製のボビンに巻かれて納品されてきたのです。当然クレームしましたが、サプライヤーに「一巻じゃないか!」と主張され、確かに一巻ではあるので、泣く泣く受け取る事にしました。」

思わず笑ってしまう話ですが、笑えない方もいらっしゃると思います。国際調達は、商習慣や文化の違う同士が取引しますので、取引のプリミティブ(根源的)な部分が明らかになる性質があります。しかし、これは国内の取引でも重要な部分です。

バイヤー側が仕様を提示するということは、提示する仕様の内容については、基本的にバイヤーが責任を取らなくてはなりません。ですから、バイヤー側はあらゆるリスクを想定して、できる限り事細かく仕様書を作る必要があります。もっとも、バイヤー側ですべての仕様を提示できない場合も多いので、取引条件も絡めて、サプライヤーとは充分に打ち合わせをした上で、発注契約を行う必要があります。特に技術者の方は、自分の欲しい機能・性能が達成されるかどうかという点にのみ注意しがちなので、バイヤーとしては、あらゆる角度から、自社にとって不利とならないように目を配らなくてはなりません。難しいですね。

それではまた。
supportx-buye * 価格 * 22:52 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

コメント

技術的な仕様を詰めるのに満足して、つい梱包だとか入れ目の部分を忘れたりしがちなんですよね、確かに。複雑なもの程そうなりがちです。

ところで、私のブログからこちらへリンクを貼らして頂いてよろしいでしょうか?
Comment by 継之助 @ 2006/04/20 6:49 AM
継之助さん

相互リンクよろしくお願いします!
Comment by シゲ @ 2006/04/20 6:57 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ