<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< バイヤーからの要求仕様による価格-仕様を出すのは難しい? | main | 納期管理について >>

バイヤーからの要求仕様による価格-仕様の出し方が価格を決める!?

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、要求仕様についての4回目です。
このテーマに限りませんが、一言に購買・調達と言っても、書き出すと、次から次へと書かなくてはならない事がでてきます。やっぱりバイヤーって、深い仕事の分野なんですね。とりあえず今回で要求仕様については終りです。また機会を見つけて考察していきたいと思います。

バイヤー側から仕様を出して調達する場合、価格は仕様の内容によって決まります。まあ、当たり前といえば当たり前ですが、これが組織として最適の仕様を常に提示できるかというと、かなり難しいのではないでしょうか。「仕様」には色々な要素が含まれます。

・市場(最終ユーザー)からの要求
・営業からの要求
・技術・設計からの要求
・品質管理からの要求
・生産からの要求
・サービス・保守からの要求
…etc

おっと、もちろん購買部門からの要求もあります。大きな組織であれば、当然関わってくる人や部門も増えます。

それらの要求がすべて含まれた仕様書を本当に作って日々調達していますか?

「バイヤー側から仕様を出して調達する場合、価格は仕様の内容によって決まります。」
と最初に書きました。言葉にすると簡単ですが、運用するのはすごく難しいのではないでしょうか。この辺にバイヤーとしての最大限力を発揮できる分野が隠されているかもしれませんね。

それから、追加仕様は価格アップの強い要因になりやすい事も最後に付け加えておきます。

それでは次回からは別のカテゴリーに移ります。

supportx-buye * - * 03:36 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ