<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 標準リードタイム−在庫のある場合 | main | 標準ロット >>

標準リードタイム−在庫のない場合

さて、サプライヤーに在庫がない場合、サプライヤーは製造元に納期を確認する事になります。この場合、製造元の「生産管理」能力を把握しておくことが重要です。確認すべき事項としては、
・材料投入から完成までに必要な時間
・工程の進捗状況の管理レベル
・不確定要素(ボトルネック)となりえる工程や材料
などでしょうか。在庫の管理能力と同様に、生産管理能力も会社によって千差万別です。特にメーカーではこの分野の能力が会社の業績にも大きな影響を与える事になります。

バイヤーとしては出来る限り製造元を現地調査して、生産管理能力をつかんでおくのがベストですが、少なくてもサプライヤーにヒアリング調査などを行って、実情を確認しておくべきです。この情報がある事によって、実際の納期交渉では、より突っ込んだ交渉をバイヤー側が主導権を持って進めることに役立ちます。例えば、単純に工場からの出荷日を聞くだけでなく、現在どの工程にあって、問題が発生していないかを聞くことによって、より確度の高い納期情報を得ることができます。

今日はこんな感じです。
supportx-buye * 納期管理 * 21:07 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ