<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 交渉に必要なこと−価格交渉の例 | main | バイヤーにとって交渉の相手とは? >>

価格交渉の例−交渉材料の準備

交渉に臨むにあたって、どれだけ事前に準備をするかは非常に大事です。自分にとって有利な条件はもちろんですが、不利となりそうな条件も冷静に分析しておく必要があります。それから、実際の交渉現場においてどのように話を進めるかもまとめておいた方が有利です。

なぜでしょうか。交渉とは人間と人間が行う行為ですので、論理、理屈、データというものの他に、感情というものに留意しなくてはならないと思います。たとえ不利な条件でも、心の準備ができていれば、相手に攻められても対応できるかもしれません。最初に自分から不利な点をさらけ出して、交渉のテーマから焦点を外してしまうという高等テクニックも考える余裕がでてきます。

事前準備をしっかりしている事を相手に示すことができれば、相手に交渉の重要性と、こちらの本気度をアピールすることもできます。そうなれば相手も緊張しますので、おもわぬ隙ができるかもしれません。

理性と感情のはざまで戦うのが交渉というものかもしれません。
supportx-buye * 交渉 * 00:02 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ